悪質なサイトというのは、今も昔も無くなること無く運営されているわけですね。
この様な悪質なサイトは、次から次に表れているわけでありますが、この様な悪質な運営側が摘発されるといった話は余り耳にすることが無いと思うんですね。
この様な悪質も、実際に犯罪として立件をする程のモノでもなかったり、又立件する程にその実態が把握出来ていないという部分もあるようですね。
勿論明確な詐欺行為等をしているといった場合等は、架空請求の被害等からも、摘発をされることは良くある話ですけどね、しかしサクラを利用して、ポイントを使わせるような感じの悪質なサイトと言うのは、この様な事ではなかなか摘発をされると言う事が無いのです。
この悪質と、詐欺という、二つの境界線の部分というものはどの辺にあるものでしょうか?
ただ悪質と言った場合等は、当然良いものではないわけですが、犯罪とまではいかないわけですね。
この部分に境界線という部分が存在をしているんじゃないか?と考えます。
しかし、犯罪行為という物では無くても、犯罪以上に悪質といったものも存在をしているわけでありますね。
出会い系サイトの子様な悪質な行為、実は犯罪以上に悪いものではないか?と思える部分も沢山存在をしているわけです。
この部分を、意識していくべきではないかと考えています。
詐欺と言いますと、こちらは出会い系サイトの利用者を、確実に騙し、お金をとると言った行為であるわけですね。
サクラが男性の了承だまして、沢山のポイントを使わせていく、これも立派な詐欺行為であると考えるわけですが、しかし冷静な判断が出来無くなってしまっている男性の両親にも、非があるという言い方もされてしまうわけですよね。
ですからこれだけでは詐欺とはならないみたいですよ。
ただここで知り得た個人情報等を利用して、架空請求を行う、振り込め詐欺等を行う、この様な場合というの確実に詐欺であると考えているんですね。
これらで摘発をされている事例と言うものは多くある訳ですからね。
この様に個人情報を利用されてしまうのかなり、被害を受けてしまう事もあるし悪質であると考えても良いかも知れませんよね。